【SUUNTO D4f】フリーダイバーの方に一押し!ダイブコンピューターのご紹介!2018年10月30日


 

日頃フリーダイニングで、どんどん海の深さに魅了されている皆様!

そろそろダイブコンピューターをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか??

水深5m以上を潜るフリーダイバーさん、スキンダイバーさんに超オススメ!

フリーダイビング世界大会のオフィシャルスポンサーの時計ブランド【SUUNTO】が誇る一押しアイテム!

フリーダイブ専用ダイブコンピューター【D4f】をご紹介いたします!

 

 

 

そもそもダイブコンピューターって?

スキンダイビングやフリーダイバーに必要なの?

種類がいっぱいあるからわからない。

そんな方も多いはず!

是非ご参考にしていただければと思います!

 


ダイブコンピューターって??


 

よくインストラクターやダイバーさんが「ダイコン」と言っているのを聞いたことはありませんか?

「なに?大根?」ってよく聞かれる事もありますが、これは「ダイブコンピューター」の略。

コンピューターっていうくらいなので実はかなり頭がいいんです!

ただの時計ではありません!じゃあ何がコンピューターなの?

簡単に言いますと、海を潜っている時間と深度、水温などのダイブ中の情報を教えてくれる《相棒》になります!

 

 

スクーバダイビングではみーんな持っている印象はありますが、これはスキンダイビングやフリーダイビングでも、とーっても重要なのです!

特に水深5m以上を潜れるようになった方はできるだけ持ってて欲しい・・・

ではなんでスキンダイバーさんやフリーダイバーさんに必要なのでしょうか?

 

●スキンダイバーにとってのダイコン


スキンダイバーさんは必ずしも必須というわけではありません。

でも、海で遊んでいる間の時間がわかるので時間管理ができる。

潜っている深度がわかればスキルアップにつながる。

今日自分が潜った回数がわかったらどれだけ自分が潜れるようになったかがわかる。

そして安全のためにも。。。

ウェットスーツは水深5m以上潜ると浮力が無くなります。つまり浮上するのがとても大変になるんです。しっかり水深を自分で管理して、遊びの素潜りは水深5m前後を守るように心がけましょう。

ちなみに補足ですが、

1週間に何度も潜水する方、1日の潜水回数が多い方、潜水深度が深い方はなるべくダイコンをつけましょう。

なぜかというと、素潜りでも休みなく潜水を続けると「減圧症」と言われるスクーバと同じく血管の中で気泡ができてしまう病気になってしまうことがあります。

沢山潜水した後に飛行機に乗るのも実は減圧症になりやすく危険なんです。

最低どれぐらい時間を空ければよいのかなど、時間を管理することでこの危険を防ぐことができます。

スキルが上がってきて沢山潜れるようになってきた方は、安全とスキルアップのためにつけてみましょう!

 

●フリーダイバーにとってのダイコン


フリーダイバーさんも資格取得時に習っているので、必要性については大丈夫ですよね!

競技で潜る場合はやっぱり記録は大事。ということでフリーダイバーさんは「必須器材」とさせて頂いております。

さらにダイコンをつけると便利なのが、アラーム機能が豊富で潜水時に何メートルまで行ったら音が鳴るなど目で見なくても音で水深を判断することも可能!

その他にもストップウォッチとしても使えるので、記録を計るには最高のアイテムです。

 

 


スキンダイブ・フリーダイブでのダイブコンピューターの選び方


 

必要なのはわかった!ただダイコンを調べると種類が沢山あってどれにすればよいか分からない。。。

機能が沢山書いてあってよく分からない!

そうですよね。今じゃ色んなダイビングメーカーや時計メーカーがダイブコンピューターを販売しています。

その中でスキンダイバーさんやフリーダイバーさんにとって必要な機能をご紹介いたします!

 

●フリーダイブモード搭載モデル

まず第一に確認してほしい部分になります!

ダイコンの中にはフリーダイブモードが搭載されているものとそうでないものがあります。

現在はスクーバダイバーさんに向けた商品が多く、間違って買ってしまうとスキンダイブやフリーダイブに向いていないこともしばしば、、、

まずはフリーダイブモードが搭載されているものを選びましょう。

 

●深度測定機能

ほとんどのダイコンには搭載されていますが、確認してほしいのはどれだけ細かく深度測定をしてくれるかが重要になってきます。

0.1mの反応もスキンダイバーやフリーダイバーにとっては重要になります。

なるべく細かく、そして反応の良いものを選びましょう!

 

●アラーム機能

例えば、「10mまで潜ったらアラームをかけたい!」「1分間潜ったらアラームをかけたい!」など、潜る深度や潜水時間のアラームが設定できるダイコンを選びましょう。

スキンダイビングをしていて思った以上に深く潜っていた、フリーダイビングをしていて、申告した深度と時間を超えてしまった、そのようなトラブルを回避し、しっかり自分で管理する事も大事になってきます!

そのうえでアラーム機能はとても大事になってきます。

中でもアラーム機能がいくつ設定できるかも確認すべきポイントです!

 

●サーフェスタイム機能

水面での休息時間を計測する機能です!

フリーダイブやスキンダイブのルールとして、一回の潜水時間の3倍は水面で休息します。

潜水時間や潜水計画をする上でとても大切な機能になります!

 

●潜水時間測定機能

ダイブ中の時間を計測する機能です!

潜水時間を自分でしっかり管理する事で、水中でのブラックアウトを避ける事が出来ます。

また、少しずつ潜水時間が伸びていく感覚も掴むことができ、スキルアップの面でも重宝します!

 

●ダイブログ機能

一回のダイブの情報を記録し、後から確認できる機能です!

潜水時間や最大水深、平均水深、ダイブ時刻、水温など細かくあとから見直せます。

フリーダイブやスキンダイブをする上であとからの見直しがとても大事になってきます!

上達を記録するためにもダイブログ機能は大切になってきます!

フリーモードでも充実したダイブログ機能が搭載しているものを選びましょう☆

 


おすすめダイブコンピューター【D4f】


 

 

●アラーム機能は5つまで!

フリーダイビング専用のダイブコンピューターには必須のアラーム機能。

D4Fなら最大5つまで水深・潜水時間アラームが付けることができます!

初心者からベテランダイバーまで幅広く愛されています!

 

●アプネアタイマー搭載!

アプネアタイマーはフリーダイビングのインターバルトレーニングに使用することができます!

この機能で高度なトレーニングが可能に!

呼吸時間、インターバルの時間の増減、インターバルの回数を設定できます。

 

●重さはわずか86g!

ダイブコンピューターの中でもかなり軽量!ミネラルクリスタルガラスとステンレス製ベゼルを使用することにより、軽量と強靭さを実現してます!

 

●最大100mまでの耐水性能

100mまでの範囲であればトレーニングやアテンプトが可能に!

普段のトレーニングでうっかり落としちゃった!なんてときも問題なし!

スキンダイビングでも安心ですね★

 

●見やすいマトリクスディスプレイ

水中で見えないダイコンは意味ないですよね。

D4fは携帯電話などのモニターに使われているマトリクスディスプレイでの表示!

数字が特に見やすくなってます!またバックライトも明るいので深い水深でも安心!

 


 

●当店販売価格 【SUUNTO D4f】※ブラックのみ

 

定価¥46,000 → ¥41,400+Tax ¥4600引き)

 

個性を出したい方はこちらのストラップバンドを付け替えることで、オリジナルD4fに! 各¥6,000

 

 

スキンダイバーさん!フリーダイバーさん!ダイコンデビューはこれに決まり!

詳しくは当店スタッフまで!!

 

 

Ryosuke★

 

 

 

 

TrueNorth – トゥルーノース浦安店
● OPEN 11:00 – CLOSE 21:00
● Phone:047-304-8915 / Fax:047-304-8914
● Address:279-0004 千葉県浦安市猫実5-4-35 BNTハウス1F
4月~12月は定休日無しで毎日営業中!