Dolphin Swim

ドルフィンスイムとは?

The dolphin swim

ドルフィンスイムとは、「イルカと素潜りで一緒に泳ぐこと」を意味します。
「軽器材」と呼ばれる器材だけを使って、スノーケリングやスキンダイビングで、イルカと触れ合い、海で一緒に泳ぐことができます。
ドルフィンスイムはどこでもできるわけではありませんが、スクーバダイビングのように資格が必要なものではありません。イルカたちの生活にちょっぴりおじゃまさせてもらい、きちんとマナーを守れば、誰もが自由に楽しむことができます。
ドルフィンスイムが楽しめる場所は?必要な道具、必要なスキルは?ドルフィンスイムについてご紹介します。

御蔵島ドルフィンスイムの様子を
動画でチェック!

True Northの動画チャンネルでは、たくさんのドルフィンスイムツアーの動画や、スキンダイビング動画を紹介しています。かわいいイルカたちやツアーの様子がよくわかるので、ぜひチェックしてみてください!

ドルフィンスイムはどこでできる?

日本には、自由にドルフィンスイムを楽しめる場所がいくつかあります。TrueNorthのドルフィンスイムツアーではイルカたちの楽園を丸ごとご案内します!

御蔵島のイルカと泳ぐ

東京から南へ約200km、周囲16km、面積21平方km、人口約300人の小さな島、御蔵島。
世界的にも珍しい規模で約150頭の野生のイルカが暮らしています。
好奇心旺盛な御蔵島のイルカ達は私達を警戒することなく寄り添ってきて遊んだり、時には求愛行動や子育て、睡眠中などの、様々なイルカ達の行動を観察することまでできちゃいます!

御蔵島宿泊プラン
ドルフィンスイム三昧コース

御蔵島に泊まって、思う存分ドルフィンスイムを楽しみます!
かわいいイルカたちとたくさんの思い出を作りましょう♪
>> 御蔵島ドルフィンスイムツアー詳細はこちら

三宅島宿泊プラン
ドルフィン&ダイビングどっちもコース

三宅島に泊まってダイビングを楽しみ、帰る日の午前中に御蔵島に行ってドルフィンスイムも楽しめる欲ばりコース♪
>>三宅島ドルフィンスイムツアー詳細はこちら

利島のイルカと泳ぐ

東京から南に約140km、周囲約8km、面積4.12k㎡、人口約300人の小さな島、利島。
利島には御蔵島と同じくミナミハンドウイルカの家族が複数頭住んでいて、ほぼ100%の確率で出会うことができます。
島をボートで周るとすぐにイルカ達がやってきて、そのフレンドリーさは御蔵島のイルカ以上と言われ、長い間離れないこともあります。
出産を繰り返し、2011年現在では16頭のイルカが暮らしています。

夜行発日帰りプラン
ドルフィン&ダイビングどっちもコース

夜行で利島へ渡り、ドルフィンスイムとダイビングを楽しんだあと、その日のうちに高速船で帰って来られるお手軽コース!
>> 利島ドルフィンスイムツアー詳細はこちら

伊東の飼育イルカと泳ぐ

東京から約2時間半、東伊豆「伊東市」にある施設には、生簀の中に賢いイルカ達が飼育されていて、触ってみたり餌をあげたりすることが出来ます。もちろん1年中通して確実にドルフィンスイムができて、ドルフィンスイム後は、同じく伊東の海でダイビングも楽しめます!

完全日帰りプラン
ドルフィン&ダイビングどっちもコース

朝、お店に集合し専用車で伊東へ!ドルフィンスイムとダイビングやスキンダイビングなどを日帰りで楽しめます!
>> 伊東ドルフィンスイムツアー詳細はこちら

ツアーに行こう!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

ドルフィンスイムをはじめるには?

ドルフィンスイムを楽しむために、資格や試験は必要ありません。ダイビングのようにCカードも必要ありません。 しかし、海へ入ってイルカと遊べるようになるには、まずは最低限 「足が付かない深さの海」で落ち着いていられることが必要です。
まずはプールで練習をしてから行きましょう!スノーケリングの基本は誰でもすぐに習得することが出来ます。
※スノーケリングが初めての方は、ドルフィンスイムツアーへ行く前に、必ずスクールへご参加ください。

イルカと泳ぐスペシャリストになろう!
PADIドルフィンスイムスペシャルティコース
同時開催中!
ドルフィンスキン(DPS)、ドルフィンフォト(DPP)、イルカと泳ぐ(STW)
イルカの知識とドルフィンスイムの技術を身に着けられるコースです。ツアーの思い出と記念に可愛いイルカのCカードをGETしましょう!
>> ドルフィンスイムスペシャルティ・コースの詳細はこちら

ドルフィンスイムに必要な器材は?

ドルフィンスイムには、スクーバダイビングのように空気を吸うための酸素ボンベは必要ありません。
自分のサイズにぴったり合った基本の軽器材セット(マスク・スノーケル・フィン)があれば十分です。ダイビングでタンクを背負って潜る時と違い、ドルフィンスイムでは身体を身軽に、自由に動かせるのも魅力のひとつです。
※当店のドルフィンスイムツアーでは、安全の為オールシーズンでウェットスーツの着用をお願いしております。

どんな器材が必要?どんなものを用意したらいいの?
ドルフィンスイム、スノーケリング、スキンダイビングは、スクーバタンクを使用せず、とても身軽な装備で楽しむことができます。基本的な器材から、あると便利な器材、ドルフィンスイムにオススメのアイテムをご紹介。
>> ドルフィンスイム器材のことならこちら

一緒に泳ぐイルカのことが知りたい!

ドルフィンスイムで会えるイルカって何イルカ?
どんな声で鳴いて、どんな意味をもつ? イルカとはどのような生き物なのか、どういった生活をしているのか?
ドルフィンスイムに行く前にイルカの生態を学びましょう。イルカ達の様々な行動からイルカの気持ちを感じ取り、イルカ達にとっても優しいドルフィンスイムを行うことができます。

イルカのお勉強をしよう!
地球上には、約80種類の野生イルカ、クジラの仲間が生息しているといわれています。その地域のイルカの生態や特徴、行動など少しでもイルカについての知識を得ることで、ドルフィンスイムやツアーもさらに楽しいものになるはずです。
>>イルカのお勉強はこちら

ドルフィンスイムに関する疑問・不安、なんでもご相談ください!