Free Diving

フリーダイビングとは?

The free diving

「アプネア」や「フリーダイビング」という言葉を耳にしたことがありますか?
日本ではまだまだ馴染みの無い言葉ですが、イタリア、フランスを中心にヨーロッパでは盛んに行われているスポーツで、その歴史は半世紀以上前にさかのぼります。
「アプネア」とは、「閉息」という意味。
「フリーダイビング」とは、身体ひとつ、一呼吸で水中へ潜ること。
レジャー感覚で水中を楽しむことも含まれますが、よく「スキンダイビング」と称されるいわゆる「素潜り」の類よりも、より深く、長く。
そして、より競技性の強いものとして正式な競技ルールが整備され、世界大会も開催されています。
映画『グランブルー』の公開により日本での知名度も上がりました。信じられないくらい深い海へ身体一つで潜り、深海へ溶けて行くかのようなシーンが、思い浮かぶ方も多いかと思います。
人は一呼吸でどこまで深海へ潜る事ができるのか。
どれだけ息を止めていることができるのか…。水中を自由に楽しむこと、そして自分の限界に挑戦すること。
フリーダイビングの競技の魅力をぜひ一度、体感してみてください。

フリーダイビングの魅力

「フリーダイビング=閉息潜水=苦しい」
というイメージを持つ方も多いかもしれません。
ところが、閉息して海中や水中へ入ると、今まで感じたことのない違う世界が広がっているのです。
どこまでも深く青い海中は、青く大きな地球にすべてを包み込まれたような不思議な心地良さを感じることができます。
身体の力を抜いて、その中へ溶け込んでいくいくような感覚、母親のお腹の中にいた時を思い出すような感覚、心を落ち着かせ水と一体になる感覚…。

苦しさを忘れることではなく、新しい感覚の心地良さを感じること。
身体ひとつで素直に受け止められる新しい感覚への欲求が、挑戦へと繋がり、フリーダイビングをさらに楽しいものへと導いていきます。
もっと長い時間イルカと泳げるようになりたい。
もっと深い海へ到達してみたい。
さらに自分の限界に挑戦してみたい。
感じる魅力は人それぞれ。やってみなければわからないことですが、この自由で無二である感覚を、対自分、対自然の中で繰り広げていくこの競技で、他にはない大きな魅力を感じることができるでしょう。

フリーダイビング競技種目

フリーダイビングには、海で潜れる深度を競うものから、またはプールで距離を競うものなど、様々な種目形式があります。

海洋競技

様々な方法で、垂直に潜れる深度を競う。
予め設定(申告)しておいた深度にあるタグを取ってから水面へ浮上する。潜水が規定通りに行われたかを審判員が判定し、記録が認定される。

CWT/コンスタント ウエイト ウィズフィン

フリーダイビングの花形種目。
フィンを履き、水底へ繋がる潜降ロープに沿って(掴んではいけない)垂直に潜れる深度を競う。一呼吸で身体を動かして、深海へ潜っていくその神秘的な人の姿は見るものを魅了する。フリーダイビングの魅力を感じさせる、最大のパフォーマンスといってもよいだろう。
使用するフィンに関しての規定は一切ないが、潜水中に使用するウエイト(重り)の量を変えてはならない。
現在の世界記録は、オーストリア人選手の-124m。(2011年1月15日現在)

CNF/コンスタント ウエイト ノーフィン

形式はコンスタントウエイトと同じであるが、推進力のあるフィンを使わずに自身の泳力だけで深度を競う。
潜降・浮上ともに、推進力のある器材を一切使わないため、原動力となる身体にかかる負担は一番大きく、また高い潜水技術を要し、難易度が高い。

FIM/フリーイマージョン

一呼吸で、水底へ繋がる潜降ロープをゆっくりと手繰りながら、垂直に潜れる深度を競う。
フィンは使用せず、潜水中に使用するウエイトの量を変えてはならない。

VWT/ヴァリアブル ウエイト

ザボーラという乗り物(重り)に乗って潜降し、一呼吸で垂直に潜れる深度を競う。
目標深度に到達したら、ザボーラを離し潜降ロープを手繰りながら自力で浮上する。
潜水中に使用するウエイトの量を変えても良い。

NLT/ノーリミッツ

ザボーラという乗り物(重り)に乗って潜降し、一呼吸で垂直に潜れる深度を競う。浮上は、ウエットスーツの中に空気を入れたり、エアバルーンなどを膨らませた浮力物に掴まって行う。
日本では行われた事の無い競技だが、海洋競技の中では一番身体の動き、酸素消費を抑えた形式になるため、最も深い記録が刻まれる種目である。
世界記録は、オーストリア人選手の-214m。 (2011年1月15日現在)

プール競技

平行潜水距離と、閉息時間を競うものがある。
水面に口がついてから浮上する瞬間までの距離及び時間を競い、規定通りに行われたかを審判員が判定し、記録が認定される。

STA/スタティック アプネア

脱力した状態で水面にうつ伏せに浮かび、閉息時間の長さを競う。
競技中は酸素を消費することを極力抑えるため、身体の動きは一切ない。
身体的な能力に加え、心理的なコントロールが大きく影響する種目。
誰にでも簡単に出来るが、一番奥の深い種目と言えるだろう。世界記録は、フランス人選手の11分35秒。(2011年1月15日現在)

DYN/ダイナミック アプネア ウィズフィン

一呼吸で水平方向に移動できる距離の長さを競う。
使用するフィンに関する規定は一切無いが、推進力をより大きく得られるモノフィンは現在の競技会では主流となっている。
世界記録は、フランス人選手の265m (2011年1月15日現在)
※モノフィン : 器材のことページを参照

DNF/ダイナミック アプネア ウィズアウト フィン

形式はダイナミックアプネアウィズフィンと同じであるが、推進力のあるフィンを使わずに自身の泳力だけで水平方向に潜水できる距離を競う。
ターン数が多いほうがメリットがあるため、25mプールで行われることが多い。

フリーダイビングに必要な器材は?

フリーダイビングを本格的にはじめたら、まずは自分にあった適切な器材をそろえましょう。
スクーバダイビングとはちょっと違った、フリーダイビング専用のアイテムがたくさんあります。

どんな器材が必要?どんなものを用意したらいいの?
フリーダイビングの象徴ともいえるモノフィンと呼ばれるフィンやロングフィン、ノーズクリップなど、フリーダイビングならではのアイテムがたくさんあります。トゥルーノースでは器材のアドバイスはもちろんのこと、各アイテムの販売を行っています。なんでもご相談ください。
>> フリーダイビング器材の詳細はこちら
フリーダイビングを始めるには?
フリーダイビングスクールに参加しよう!
PADIライセンスコース開催中
PADIライセンスコースを開催中!
PADIのライセンスコースでは、気軽に参加できる体験コースから上級者向けのマスターフリーダイバーコースまで開催しています。
>> フリーダイビングスクールの詳細はこちら

フリーダイビングに関する疑問・不安、なんでもご相談ください!