ダイビングスーツも洗濯が必要!ドライスーツクリーニングをしましょう♪2017年10月11日

 

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4pop

 

気温も水温も下がってきた今日この頃

「そろそろドライスーツに衣替えかなー?」とお考えの方も多くなってきたのではないでしょうか?

 

そんな時に気にしてほしいのが去年から放置されているドライスーツ!

ドライスーツの中で何が起きていたか知っていますか??

 

ドライスーツは水中に入っても体が濡れませんよね?

…ということはスーツの中では汗もかきますし、匂いもつきます

夏前の汗や皮脂がドライスーツの内部についたままなんです…。

 

ドライスーツは洋服と一緒!!

そのまま放っておくと汗や皮脂をもとに雑菌が増え、においの原因となります。

つまり洗濯してあげなくてはなりません!!

ドライスーツの外側はダイビング後に洗っていますが、中は洗いませんよね?

それは洋服を洗わずに着続けていることと同じなんです。

 

今回はこれからのドライシーズンにドライスーツを快適に使うための方法をお伝えいたします♪

 

 


ドライスーツって洗えるの!?


意外かもしれませんが、ドライスーツを洗う方法があります。

ダイビングスーツには専用のシャンプーやリンスがあり、それを使用することでドライスーツをきれいにすることができます。

 

その中でもおすすめなのは専門家によるドライスーツクリーニング!

自分たちで洗うにはドライスーツはなかなか骨が折れます…

なかには取り扱いを間違えてせっかくきれいにしている途中のドライスーツを壊してしまう人もいます!

 

専門家に任せれば壊れる心配もありませんし、自分たちでは洗うことができないバルブ内の洗浄もしてくれます♪

 


なんでドライスーツを洗わなくちゃいけないの?


ドライスーツを着るのは個人差はありますが、大体10月中旬~7月前半

つまり1年のほとんどはドライスーツを着用してダイビングをします!

 

ドライスーツは非常に優れたダイビングスーツで、冬でも快適にダイビングを楽しむことができます。

その反面、スーツを着た状態で日に当たったり少し運動すると汗をかきますし、私たちの体から落ちる皮脂がたくさんついています。

スーツ内は完全に密閉された空間なのであまり気づかれませんが、実は結構汗をかいているのです!

 

汗をかいたドライスーツを放っておくと雑菌が繁殖し、ニオイが出ます。

ドライスーツは通気性がめちゃくちゃ悪いので、汗をかいてそれが生乾きになって…どんどん悪循環に雑菌が増殖していきます!

そうなるとダイビング後、毎回体が臭くなるようになってしまいます…。

 

1日着て汗をかいた服を洗わないで1ヶ月後に着る…何てこと普段はしないですよね?

ダイビング後毎回…とまではいいませんが、定期的にドライスーツを洗ってあげるというのはとっても大切なことなのです!

 


トラブル回避!水没を回避しましょう♪


ドライスーツに必須なのが、空気を入れたり抜いたりする“バルブ”。

このバルブは普段から洗っているはずですが(洗っていますよね!?)排気バルブの中は想像以上に複雑…

普通に洗っただけではしっかり中まで洗うことはできないんです。

 

特に水が入らないようにしてくれるシートがあるのですが、そこに砂が挟まってしまったり塩が付着してしまうと大変!

バルブから水没してしまい、折角のドライスーツなのに体がびちょびちょに…

 

それを防ぐにはバルブの内部を洗わないといけませんが、素人が手を出すと戻せなくなってしまったり壊してしまったり!

専門業者にクリーニングをお願いすれば、バルブの内部も洗浄してくれるので水没の心配もなくなります♪

 


ドライスーツクリーニングってどんなことをしてくれるの?


 

1.まずは専用のシャンプーでスーツの表面を丁寧に手もみ洗い!

Unicode

目立った汚れは入念に洗います。

2.ブーツの裏側を洗浄します!滑り止めに挟まった砂や石を取り除きます

%ef%bc%95%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%84%e8%a3%8f

3.スーツの内側を丁寧に手もみ洗い!ヌルヌル、ヌメヌメするところは特に念入りに♪

Unicode

4.専用リンスをよく揉みこんで生地になじませたらブーツの先っぽまでよく乾かします!

これによりスーツの中がふわふわになり、いい匂いに♪

5.排気バルブの分解洗浄&ファスナー潤滑!

Unicode

塩噛みによる動作不良を緩和させ、ファスナーの開閉の困難も緩和させます!

6.出荷!終了でございます♪

 


どんな時にドライスーツクリーニングをしたらいいの?


1.ドライスーツの中からニオイを感じた時

→ドライスーツからニオイがするときは雑菌が繁殖したとき!ドライスーツクリーニングをして快適なスーツに戻しましょう

 

2.水没してしまったとき

→ドライスーツが水没したときは、スーツの内部の布地に海水がしみ込んでいます。

海水は雑菌が繁殖する原因になるので、一刻も早くクリーニングすることをお勧めします。

 

3.スーツの衣替えをするとき

→ドライスーツを着終わる夏前、またはドライスーツを着る秋頃にクリーニングをすると、気持ちいい状態でドライスーツシーズンを迎えることができます♪

また、バルブの洗浄も行ってくれるので、久しぶりの数か月ぶりの使用でも水没を防止してくれるので一石二鳥です♪

 


11月末までは特急作業がなんと無料!!


 

ドライスーツのシーズンが始まるというのに、今から出したのでは遅いんじゃないの?…と思ったあなた!

じつはドライスーツクリーニングは特急作業というものがあります。

最短5日間で終了し、すぐにお手元に戻ってきます。。

 

通常は有料のサービスなのですが、なんと11月末までは特急作業代が無料!!

 

週末潜って翌週に間に合わせて―…ということも可能です♪

 


ついでに水没チェックもしちゃいましょう♪ (ワールドダイブ製に限ります)


 

ワールドダイブ社製のドライスーツに限り、ドライスーツクリーニングをする際に無料でドライスーツが壊れていないかどうかの水没検査を行うことができます!

 

ドライスーツはピンホールと呼ばれる目に見えない大きさの小さな穴が最初に空き、そこから水没してきます。

なかなか最初水没する範囲も小さく気づきづらく、放っておくとどんどん穴は大きくなってきます…

水没に気付いたころにはもう手遅れの状態の場合も!!

 

ピンホールは小さければ修理代も安く済みますから、このタイミングにドライスーツの検査をすることをお勧めいたします!

 


料金


ドライスーツがきれいに!いい匂いに!!快適に使えるようになるドライスーツクリーニング!!

料金は下記の通りとなります!!

 

ドライスーツクリーニング料金

¥10,000-(税別) ※別途ドライスーツ送料¥1,000-(税別)がかかります

 

 

ドライスーツが活躍するこれからの季節に!!

綺麗なスーツで今シーズンを迎えましょう♪

 

TrueNorth – トゥルーノース浦安店
● OPEN 11:00 – CLOSE 21:00
● Phone:047-304-8915 / Fax:047-304-8914
● Address:279-0004 千葉県浦安市猫実5-4-35 BNTハウス1F
4月~12月は定休日無しで毎日営業中!

Pocket
LINEで送る