【春のウェットスーツセール!】夏に向けてGETしましょ!MYスーツで快適ダイビングを^^2020年3月24日


こんにちは!
あったかいシーズンが近づいてきてわっくわくのスタッフの瑞希です(/ω\)
皆様お待ちかねの暖かいシーズンに入ります!
快適に潜るためには装備が必要不可欠!
今回は夏を楽しく遊ぶためのセールを開催致します!

 

セミドライをお持ちの方にも必見!
今回は夏用のウェットスーツがセールでお得にgetできちゃいます!

動きづらい・・・寒い・・・そんな思いをしないMyスーツです♪
お迷いの方は是非ご相談下さい~!

気になる詳細はこちら↓↓

 


 

ウェットスーツって?

 

ウェットスーツ。着るのも、泳ぐ時も好きじゃない方多いと思います。
かくゆうスタッフ瑞希も着て潜るのが嫌いでした。(だって動きにくいんだもん)
しかし自分ピッタリのスーツを着た瞬間。潜った瞬間。
もうウェットスーツ無しではもう海には行けなくなっちゃいました・・・

ウェットスーツとは、

①水に入った時の身体の冷えを守る

②浮力があるため安全

③怪我や日焼けから守ってくれる

この3つが揃っている、とっても素敵なアイテムなのです。

マリンスポーツシーンでは、裸で水中に入れば危険がいっぱい。

自分を守るのは勿論、長く海の中を快適に過ごる以上に大事なことはないのです。

どれも欠かせない機能です。

行く海に合わせたスーツをしっかり着用しましょう◎
今回夏前にMYスーツをGETして頂きたい・・・!

そんな思いで始めちゃいます!【スプリングセール】開始致します!

 

スプリングセール内容

 

●開催期間:2020年5月1日~6月31日のご注文受付分まで!

 

■ご注文方法

基本的にフルオーダーにとなりますので、店舗での受付となります。

●ご注文の流れ:1時間~2時間

①スーツのモデル選び (全体のデザイン決め)

②スーツの生地選び

③スーツのカラー選び

④オプション選び (スーツに入れる文字やロゴマークのデザインなど)

⑤御見積

⑥採寸 (15分~20分)

⑦お支払頂きましたらご購入完了です。

⑧スーツは1週間~2週間で納品されます。

スーツ選び、採寸は3月からでも可能ですので、是非今からお早めにご相談下さい\(^o^)/

ツアー帰りやスクール後にお気軽にご相談を!

 


 

フルオーダーって何?

ウェットスーツは、
肌とスーツの間に入った水が身体を覆う薄い「膜」になり、最初は冷やっとしますが次第に膜が体温で温められ、体温とほぼ同じ水温に変わり身体を保温します。

ブカブカのスーツだと、せっかく温められた水がまた外に出ていってしまい冷たい水が入ってくるの連続(>_<)

キツキツのスーツだと身体を圧迫して血液の流れが阻害されるため、スクーバなら減圧症の原因に、その他脳卒中や心筋梗塞など血管系のトラブルも招きやすい(>_<)

ウェットスーツを作る時には身体の部位を30箇所以上測ってピッタリのスーツをお作りしています。これが【フルオーダー】ということですね♪


☑採寸方法が当店オリジナル!

ウェットスーツは採寸数値のまま出来上がるため、もちろん間違えないように採寸をするのが当たりまえ。

そんな当たり前プラス、当店では正しい姿勢になるように採寸を致します!

猫背で採寸をしてしまうと腕が上がらないスーツになってしまいます。
肩回りが動きにくいだけでとってもストレス!
今まで上がりづらかった手が上がるようになったり、泳ぐフォームがキレイになったり、スーツを着るだけでレベルアップできるスーツ作りを目指しています!

もちろん、採寸前に正しい姿勢に治すストレッチを受けることも可能ですので、ご希望の方は事前にお問い合わせ下さい。

今回のSALEはフルーオーダー料金(¥10,000~21,000)がサービスとなっております!お得!

 

 


 

「長く」遊ぶために

 

海で長く遊びたい!と思った時に大事なのは浮力と保温です。
水着だけだと良くあるのは立ち泳ぎ。
人間の頭だけで5kgほどあるので水面で泳いでばかりだとすぐに疲れてしまいます。
でもライフジャケットだと潜れないし・・・・
だからこそウェットスーツが便利!

ラッシュガードとウェットスーツの違い。

それは!発泡ゴム(正式名称:ネオプレーンゴム)が入っているかどうか!

こちらがゴムの断面図です↓↓

 

ネオプレーンゴム

 

黒い部分が発泡ゴム。つぶつぶがいっぱ~い!こーんなにたくさん空気の粒が入っていればそりゃ浮きますよね(/ω\)
これの厚さがウェットスーツのmm数になるのです。
なので実際カラーの生地を合わせるともう少し厚手になります。

ウェットスーツを着ることで空気を着ているのです◎
しかも厚い生地になるほど空気層が増えますので保温力もアップ\(^o^)/

ちなみに、水深が深くなると、この気泡は水圧により潰れてくるため、水深5m以上にもなると少しずつ保温力も浮力も失われていきます。

水着やラッシュガードだけで潜ると深くなればなるほど浮かなくなってしまうのです。
しかしウェットスーツ+ウエイトで潜って入れはいざというときにウエイトをリリース(捨ること)ができれば浮力の確保ができるのです!

深いところへ行くと、キックをしなくても沈む・寒くなるのはこういった理由もあるのです。

 


 

 


 

▶ウェットスーツの選び方

 

スーツ選びは生地選びが重要◎

ウェットスーツは先程紹介したネオプレーンゴムの両面に、様々な生地を貼ることであらゆるメリットを生み出します。

主にウェットスーツは、ネオプレーンを真中に、両面に違う生地を貼り付けることにより強度を上げ、動きやすさ、保温力などをよりアップしてくれます。

こんな感じに三層になっているのです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

生地① スキン(ゴム)

スキンとはゴム生地のこと!ゴムといえば体に張り付いて水密性が高い!水を吸収しないのですぐ乾く!

この2つの特性から以下のメリット&デメリットが!

●メリット → 内側にスキン=水の出入りが少なく暖かい、冬でも使いやすい!

●メリット → 外側をスキンにすると陸上で水はけが良く全く寒くならない!船の上などで便利!スキンダイバーならスキンの方が水の抵抗が少ないと言われております。

●デメリット → 破れやすい。。。

●デメリット → 着づらい。。。

そう、初心者にはお勧めできません・・・
特に、内側スキンは熟練したダイバーじゃないと脱ぎ着が本当に大変なので、つけるとしても表だけにしましょう!
だからこそのフィット感が抜群!フリーダイバー向けのスーツに使用されています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

こちらがスキンの表面↑↑
基本的にはツルッツルのイメージですが、滑りずらく強度を上げるために多少凹凸があるんですね!

 


 

生地② ジャージ(布)

ジャージは、ウェットスーツの中でも1番利用されている生地。

このジャージのお陰でカラフルでかっこいい、可愛いスーツが作れるからです。

最近では迷彩やドットなど、柄が入った生地も沢山あるため選んでて1番楽しい!

メリット → カラフルなスーツが作れる!

メリット → スキンより抜群に着やすい!

デメリット → 肌が弱い人は擦れてしまう。

デメリット → 水を吸うため陸上では寒い、スーツが重たくなる

基本的にはノーマルの生地。
ただ、ジャージには種類があり、伸びやすいジャージなども用意されているので、良く動くスキンダイバーなら伸びるジャージをセレクトしましょう。

ちなみに、当店のレンタルスーツは全て両面ジャージでございます。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

こちらがジャージの表面↑↑
洋服と一緒で、糸で縫い合わせているのがわかりますね!

 


 

生地③ 起毛ジャージ

起毛ジャージとは、ジャージの上にフサフサの毛をつけることにより、中に入ってきた水を吸収し、逃げるのをより防いでくれる素晴らしい生地!

つまり、より温かい水と触れ合っていられるのです☆

しかも、ジャージよりも脱ぎ着しやすく、擦れも少ないため、脱ぎ着にストレスがある方や肌が弱い方にはオススメ!

メリット → 保温力アップ!

メリット → 着脱しやすい!擦れない!

デメリット → 水を沢山含むので、乾きづらい、スーツが重くなる

デメリット → 臭いなどがつきやすいかも?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらが起毛生地↑↑
上のオレンジが起毛です。毛羽立っているのがよくわかると思います!

お布団に毛布を追加するイメージです!

さぁおわかり頂けましたでしょうか!!!そろそろ自分のウェットスーツが欲しくなってきたはず!

しかし、オーダーともなると、決めることが多すぎて大体の方は1人で決められません・・・

☑スクーバ、スキンダイビングに精通したスタッフがスーツ選びをサポート!
皆さんの好みや用途に合わせたスーツをオススメさせて頂きます^^

 


 

最後に。

泳げるから大丈夫!夏だから大丈夫!は危険サインです。

夏になると、当店にこんなお問合せが多くなってきます。

「自分は泳げるのでウェットスーツは使いたくない」

「もう夏だし水も温かいので裸で泳ぎたい」

特に、スキンダイバーの方、ドルフィンスイムのお申込み時に多いご質問です。

当店のツアーでは基本的にスーツ無しで海へお連れすることはいたしません。

どんなに泳げる、どんなに温かい海でも、万が一トラブルが起きた時にライフジャケットの代わりとして必要になるのがウェットスーツだからです。

そして、上でも触れましたが、水着だけで泳ぐとどんなに温かい海でも体温が低下し、スーツを着ていない人の倍疲れることになります。楽しい時間が減ってしまう上に疲れが溜まるとトラブルの元になります。

そして、何よりも皆さんがトラブルにあったとき、浮力の無い人を水面で救助するのは本当に大変。
ウェットスーツを着ていてくれれば意識が無くても容易に救助することができます。

自分は大丈夫!ではなく、万が一の時に人に迷惑をかけないようにというのも大事なことです。

夏の海やリゾート地は、やはり解放感もあり気軽にマリンスポーツを楽しみたい人が多くなります。

海でスーツを着用しないというのは、登山するのに半そで、半ズボン、サンダルだけで行くようなものです。

今一度危険が伴うスポーツだということを認識していただきたいと思います。自然の中で遊ぶスポーツは、人間が整備しているわけではないので絶対に安全と保障はありません。

そして、裸で泳ぐほうが泳ぎやすいのはもちろんですが、スーツを着て華麗に泳げる人はたくさんいます!ぜひそこを目指して欲しいです。

自信過剰にならず、万が一の事をしっかり考えてウェットスーツの着用をお願い致します。

今後より安全な海遊びが続きますよう願いをこめて。
TrueNoth


 

TrueNorth – トゥルーノース浦安店
● OPEN 11:00 – CLOSE 21:00
● Phone:047-304-8915 / Fax:047-304-8914
● Address:279-0004 千葉県浦安市猫実5-4-35 BNTハウス1F
● 水曜日定休