REPORT BLOG

トゥルーノースの
スタッフ発信のブログ。

  1. HOME
  2. ドルフィンスイムの持ち物

ドルフィンスイムの持ち物

ドルフィンスイム前に何が必要でしょう?季節やお天気によって気温や水温が異なりますが下記は最低限必要な持ち物チェックリストです。ご参考頂きドルフィンスイムへの準備をしましょう。

ドルフィンスイムで必要な持ち物リスト

□ スキンダイビング器材セット
□ ウェットスーツ
□ 水着/ラッシュガード
□ 曇り止め
□ 日焼け対策
□ 酔い止め
□ 飲み物/水筒
□ ドライタオル/セームタオル

✓スキンダイビング器材セット

スキンダイビング器材とは、マスク、シュノーケル、フィンの3点セット(軽器材とも呼ばれます)が必須アイテム。マスクはイルカを見るため。シュノーケルは水面で息を吸うため。フィンは泳ぐために必要不可欠のものとなりますので必ずご自身に合ったものを選びましょう。

・マスクの選び方
形が様々ですが、顔にフィットする形を選び泳いでいる最中マスクの中に水がはいってこないものを選びましょう。またイルカたちを探すためにも視野が広いものがお勧めです。
※レンタルでは度付きのものもご準備しておりますのでご予約の際にお申しつけください。

より詳しい情報は下記よりご覧ください。
【役立ちコラム】
ダイビングマスクの選び方

・シュノーケルの選び方
水面で快適に呼吸ができ、水が入ってきた際にシュノーケルクリア(水抜き)がしやすい逆止弁付きのものを選びましょう。シュノーケル専用器材で【ドライシュノーケル】と呼ばれるシュノーケルの先端に蓋がついたものが販売されております。少しでも水中に潜るとシュノーケル内の空気が圧縮し吸い込まれ口内を怪我してしまう可能性や、浮上後、蓋の誤作動でシュノーケルクリアができない場合もございますので禁止とさせていただきます。
※水面で使用する分には安全な器材ですので目的に応じて選びましょう。


・フィンの選び方


ストラップタイプのものではなく、足にフィットする【フルフットタイプ】を選びましょう。ストラップタイプが着脱が容易ですが、フィンキックをする際足首が曲がってしまいしっかり水をとらえることができません。また足がつってしまう原因にもなりますので泳ぐことに適した【フルフットタイプ】を使用しましょう。


ソックスやブーツを用意しましょう!素足だとフィンずれを起こしてしまう場合もございます。怪我防止のためにも薄いソックスの方は合わせてサンダルをお持ちだと便利です。

スキンダイビング器材がばらばらにならないように、必ずメッシュバッグ(1まとめにできるバッグ)を用意しましょう。防水のタイプや水切りがいいメッシュタイプもございますので用途別に使用しましょう。

✓ ウェットスーツ

海をより快適に、長時間お楽しみいただくために当店ではウェットスーツの着用を必須とさせていただいております。ウェットスーツには【保温】【浮力】【保護】の大きく分けると3つの役割があり、水着だけだとどうしても体力消耗が激しいのを助けてくれる便利な保護スーツです。

・ウェットスーツの選び方
スイムのシーズンによりますので、気温水温によって装備を選びましょう。
基本的には厚さ3mm以上のフルスーツ(長袖長ズボンタイプ)がお勧めです。
大きすぎても水が多く入ってきて身体が冷えてしまい、きついと船上でも水中でも快適に過ごせません。
当店にはサイズ別に100着以上ご用意がございますのでご参加の際にお申しつけください。ご購入もご相談可能です。

より詳しい情報は下記よりご覧ください。
【役立ちコラム】
海ではウェットスーツを着用したほうが楽しめるワケ

浮力があるウェットスーツを着用の場合潜るためにウエイト(重り)を装備します。適性の重さは着用しているウェットスーツや体質によって異なるため使用の際はスタッフに相談しましょう。

✓ 水着・ラッシュガード

基本的にウェットスーツの下に着用していただく形になりますので、ぴったりのシンプルなものがお勧めです。お手洗いに行くことを考え女性は上下で分かれているものが便利ですがお持ちのものをご使用で問題ございません。御蔵島、利島では脱水機はございますが完全に乾くことが難しい場合もございますので2~3着ご用意があると便利です。
水着生地のラッシュガードですと濡れた服同様身体を冷やしてしまいますので、日焼け対策としてご利用下さい。

あると役立つ!便利アイテム!

✓曇り止め

マスクが曇ってしまってはせっかくの綺麗な海も、近くに来てくれたイルカもはっきり見ることができません。船の上においておけば安心!イルカを探している際に着けておきましょう。
だいたいの曇り止めは塗った後洗い流すことが必要です。でも塗りっぱなしだと干からびてしまいます。海水で落とす際は船のへりからゆすいでいいかどうか船長に確認をしましょう。また落としてしまうのが心配な方はスタッフにお渡し下さい。
新品のおろしたてのマスクには要注意。しっかり油膜(マスク購入時にマスクのレンズ内側に付着しているもの)を必ずとってご参加をお願い致します。

✓日焼け対策


イルカを探すときはボートの上での時間が長くなります。曇りの日でも油断大敵。必ず日焼け対策を行いましょう。日焼け止めは海を汚してしまうきっかけとなることもありますので最低限の使用で済むようウェットスーツやグローブで肌の露出を抑えましょう。(クラゲ対策にもなります。)

対策方法:日焼け止め・グローブ(手首焼け帽子)・帽子(飛ばされないように)・サングラス
今ではサンゴにも優しいタイプや、クラゲ除けもできるタイプもございますので選ぶ時のご参考にしてください^^

【役立ちコラム】
焼けたくないから海にはいかない?その問題解決できます!

✓船酔い/波酔い対策

普段車などの乗り物酔いをしない方も、波や船上で酔ってしまう可能性があります。必ず酔い止めをご用意ください。酔ってしまうと陸上に戻るまで体調が回復しない場合がほどんど。ドルフィンスイムどころではなくなってしまいせっかくの楽しいスイムにチャレンジできなくなってしまいます。

■対策■
しっかりとした睡眠・体調万全でのご参加・前日のお酒を飲みすぎない
必ず酔い止めを飲みましょう!
持続性の良いものだと【アネロン】がお勧めです。しかし小さなお子様には強い薬となりますのでその場合は【トラベルミン】などをご使用下さい。
※酔い止めを飲む際は胃が空ですと体調を崩しやすいので必ず少しエネルギー摂取をしてから飲むようにしましょう。

✓飲み水/水筒

ドルフィンスイムスイムは数時間の船でのクルーズです。日除けができる場所も少なく、御蔵島や利島に関しては船では必ず座って頂きます。脱水症状をおこさぬようこまめな水分補給をお願いしております。

✓ドライ/セームタオル

スイム後船上で顔や髪の濡れた場所をすぐにふき取ることで体温低下を防げます。一番身体が冷えるのは動いている水中よりも、濡れた状態で船上で風をうけることなので最優先に水気をふき取ることをしましょう。船にお持ちの際は飛ばされてしまわぬよう工夫をしましょう。

ドルフィンスイムを行う船によっては荷物が濡れてしまう場合もございます。ご参加される島の詳細をご覧いただき、ドルフィンスイムへの準備を行いましょう。

 御蔵島・ドルフィンスイムツアー 

 三宅島・ドルフィンスイムツアー 

 利島・ドルフィンスイムツアー 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

ブログカテゴリー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP