フリーダイビング器材について

自分にあった適切な器材をそろえましょう

器材のアドバイスは当店まで!

フリーダイビングを本格的にはじめたら、まずは自分にあった適切な器材をそろえましょう。フリーダイビングの象徴ともいえるモノフィンと呼ばれるフィンやロングフィン、ノーズクリップなど、スキューバダイビングとはちょっと違った、フリーダイビング専用のアイテムがたくさんあります。トゥルーノースでは器材のアドバイスはもちろんのこと、各アイテムの販売を行っています。なんでもご相談ください。

フルイドゴーグル

別名リキッドゴーグル(日本ではこの名の方が通る)、水を含ませるゴーグルという意味。その名の通りフルイドゴーグルはゴーグル内に水を入れて装着することで、裸眼より焦点があうように設計されています。通常ファンフリーダイビングなどではマスクで十分ですが、ディープ潜水となると水圧によりマスク内の圧平衡も困難な状況に。フルイドゴーグルなら圧平衡をしなくても潜水できるため記録が伸ばしやすくなります。それでも水が入っているためわずかな視界ではありますが、競技時は目の前の潜降ロープが見えれば十分なため主に競技専用ゴーグルとなります。


ノーズクリップ

主に競技用器材。ノーズクリップは鼻を挟んで息漏れを防ぐアイテムです。マスクよりもノーズクリップの方が息漏れを防ぎやすく、プールや海の競技ではゴーグルとノーズクリップを使用する選手も多いです。シンクロ競技用などのクリップよりも、浮上後にすぐ外しやすい構造になっているためフリーダイビング専用のノーズクリップを使用しましょう。


ネックウェイト

主にプール競技での平行潜水(ダイナミックウィズフィン/ウィズアウトフィン/バイフィン)で使用される首に装着するタイプのウエイトです。フリーダイビングでは大きく息を吸い込み浮力が多い状態のためウェイトが必要になりますが、平行潜水では肺のある上半身が浮きやすく、首にウェイトを装着するのが主流です。これまで自転車タイヤチューブなどでの自作が主流でしたが、今ではフリーダイビング専用ネックウェイト、ロブスターウェイトが主流となりつつあります。


ウェイトベルト

ファンフリーダイビングや海洋競技などでウエイトを腰に巻く際に使用するベルトです。フリーダイビングでは大きく息を吸い込むため柔軟性のあるゴム製のベルトが必須になります。さらに水圧の変化によりウェットスーツが縮んでもゴムベルトなら柔軟に対応し、さらにゴム製のおかげでウェットスーツからズレることがありません。


セイフティ・ラニヤード

海洋での垂直潜水の際、潮流や視界の悪い海況等で、潜降ロープとフリーダイバーの体が離れてしまうのを防ぐためのもの。さらに、海洋競技の終着点でダイバーが行き過ぎないように、万が一ロープを巻き上げ引き上げる際にラニヤードがひっかかるようになっているため競技では必須となります。自作するダイバーもいますが、安全面でとても重要なアイテムのため大会では細かい規定があるため専用ラニヤードを使用しましょう。


ダイブコンピューター

フリーダイビングでは、自分の潜る水深や時間をコンピューターで管理します。潜っている最中に何度もコンピューターを確認することはとてもストレスなため、指定した深度や時間でアラームが鳴る機能がついている物がフリーダイビング用となります。スキューバダイビングでも使用できるモデル(窒素計算機能付き)もあれば、フリーダイビング機能のみの安価なモデルも多くあります。


イコライゼーションツール 通称EQツール

フリーダイビングで必須となるスキル「耳の圧平衡(耳抜き)」の練習用器具。陸上での練習はもちろんの事、フリーダイビング前に使用することで耳管が柔軟になり耳の圧平衡がしやすくなります。 EQツールなしの陸上トレーニングは耳管を痛めてしまう場合があるため必ずEQツールを使用しましょう。必須の器材ではありませんが、使用すると耳の圧平衡が容易になるので、耳の圧平衡が苦手な方も問題ない方も使用するとより潜水のパフォーマンスが向上します。


マスク

フリーダイビングでは、マスク内の圧平衡を容易にするため、そして水の抵抗を最小限に抑えるためにマスクはコンパクトで内容積が小さいことが重要です。 コンパクトな樹脂製のマスクから強化ガラスを使ったマスクなど様々あるため環境に合わせて使用しましょう。


ウェットスーツ

全身を保護し、保温するためのもの。 水着などで楽しむことももちろん大丈夫ですが、長時間のダイブは暖かい海でも体が冷える為ウェットスーツを着用しましょう。また万が一トラブルがあった際に浮力体として使用できるため安心です。フリーダイビングでは柔軟性の高い2mm~3mmのスーツを着用するのがおすすめです。さらに表面がスキン生地(ゴム)のスーツは水の抵抗が最小限に抑えられ、ゴムベルトとの相性も良いためこちらもおすすめです。


ロングフィン

フリーダイビングにはもちろん、ドルフィンスイムや素潜りにも最適なアイテムです!少ない労力で得られる推進力の強さ、潜水した時のシルエットフォームの美しさも見違えたものになります。ご自分の脚力やスタイルに合ったロングフィンを使用するとより効率よく水中を進むことが出来ます。


ロングフィンバッグ

ロングフィンとセットで必要なのがロングフィンバッグ。長い分持ち運びが大変なため専用バッグを揃えましょう。さらに大事なカーボンフィンなどを守るためにもバッグ選びは重要と言えます。


モノフィン

イルカの尾ビレのように、両足を一枚に合わせて履く大きなフィン。ドルフィンキックで使いこなせば、どんなフィンにも敵わない見事なスピード感が得られます。ダイナミックウィズフィン、コンスタントウエイトでは、フィンに関する規定はありませんが、現在ほとんどの選手がこのモノフィンを使用しています。
製品によって素材の違いがあり、推進力にも差がありますが、そのモノフィンの持つ性能を最大限に活かせるか否かは、使用する人の技術次第です!


トゥルーノースオフィシャル通販サイト

当店がおすすめするフリーダイビング器材はこちらから閲覧・購入頂けます。店舗、またはオフィシャルサイトでご購入いただいた場合はお電話やZOOM、ご来店などで使用方法やケア方法などのご説明もさせて頂きます。