フリーダイビングでも中性浮力が大事!

2022/07/01(金) 【フリーダイビングプールトレーニング開催!】

担当:山本拓磨
場所:辰巳国際水泳場
次回:7/4(月)19~21時、7/5(火)19~21時

美しいフォームを維持して泳ぐために必要な要素の一つである、ウェイト量の調整!
浮き気味、沈み気味の状態では、安定したフォームで泳ぐ事は出来ません。

しかし、呼吸量の増加、使う器材の変更、種目によってもちょうど良いウェイト量は変わります。
しかもその調整の仕方は100g単位にまで及びます。

チューブタイプのウェイトでは、気軽に重さを変えられず、腰に装着するタイプのウェイトでは、500g~1kg単位でしか調整できません。

フリーダイビングで美しく効率良く泳ぎたいなら、やっぱりロブスターウェイトが一番おすすめ!

しっかり自分のウェイト量を把握して、楽に長く泳げるようになりましょう!

山本拓磨

TAKUMA YAMAMOTO

TAKUMA YAMAMOTO

通称たくま PADIオープンウォータースクーバインストラクター、PADIフリーダイバートレーナー、応急救護コースEFRトレーナー、SSSストレッチトレーナー フリーダイビングのインストラクターまで認定できる日本では二人目のトレーナー資格保持者。(現在日本に二人のみ) ストレッチトレーナーも兼任し体の使い方や呼吸法などから詳しく指導してくれます。

関連記事

TOP